福岡・桂川の歯医者「桂川歯科医院」の「お知らせ」のページです。

MENU

お知らせ

院長の舟木です。

 

歯並びと歯の大きさの関係についての

記事が載ってましたので報告します。

 

ある矯正専門医で

矯正治療を受けた患者さんの

歯の大きさを調べました。

 

矯正治療を受けた患者さんの歯は、

歯並びが良い人より

歯が大きいことがわかりました。

 

特に出っ歯の患者さんの歯が

もっとも大きく、

次に乱ぐい歯(叢生)、

受け口の患者さんは

小さいことがわかりました。

 

但し受け口の患者さんの歯でも

歯並びが良い人より、

歯は大きかったそうです。

 

次に女性の矯正患者さんと

その母親の歯の大きさの

関連についての調査です。

乱ぐい歯の娘さんの歯は

当然大きいのですが、その母親の歯も

本人ほどではありませんが、

一般の女性より10%以上大きかったそうです。

 

余談ですが、

このデータは当院に来られてある

矯正専門医の中野先生

の研究から引用されてました。

 

よく最近の人は顎が小さいから

歯並びが悪いと言われてますが、

それだけでなく歯の大きさも

関係していることがわかります。

 

お母さんの歯並びが悪い方は

子供の虫歯だけでなく、

歯並びにも関心を

持っていただきたいですね。

 

戻る

PAGETOP