福岡・桂川の歯医者「桂川歯科医院」の「お知らせ」のページです。

MENU

お知らせ

こんにちは!歯科衛生士の浜田です。

 

今回は、小児の口腔発達不全症に

ついてお話しします。

 

口腔機能発達不全症とは

 

18歳未満の小児で

障害がないにも関わらず、

食べる、話すなどのお口の機能が

十分に発達していない状態をいいます。

 

上手く嚙めない、飲み込めない、

発音がおかしい、口呼吸、いびきなど

口の機能に何らかの問題をもっている

 

一見、よく分からないと

思われるでしょうが

お子さんのお口に注目してみてください。

 

歯医者でも簡単な検査ができます。

 

口輪筋の強さの測定

舌圧測定

上唇小帯、舌小帯の有無

正中のズレ

舌癖

口呼吸

などを検査します

 

そこで基準値より低下していれば

発達不全症と診断されます。

 

診断されると

 

訓練をしていきます

 

・ボタン

・ふうせん

・笛

・ふ~ふ~こま

・ガムトレーニング

・舌打ち

・あいうべ体操

・舌挙上(スポット)

 

日常の癖や習慣を変えたり、

トレーニングをすることで

改善が見込めるので

すこしでも早く改善しましょう

 

また、歯列不正の原因は

大きく分けて2つあります

 

1つは、歯の萌出位置や大きさ

欠損、顎骨とのバランスの問題

 

もう1つは

バランスよく口腔周囲を

機能させられているか

口腔機能の問題です

 

機能を乱す口腔習癖があると

習癖によって

歯並びも乱れていくので

先ほどの訓練が必要になります。

 

歯並びが気になる方は

口腔発達不全症の診断をお勧めします

 

戻る

PAGETOP