福岡・桂川の歯医者「桂川歯科医院」の「お知らせ」のページです。

MENU

お知らせ

歯科衛生士の古田です

 

今回は6歳臼歯の大切さをお伝えしたいと思います。

乳歯が全部生えそろったら何本だったか覚えていますか?

20本でしたよね。

その乳歯の奥歯の後ろから永久歯が生えてきます。

6歳くらいに萌出してくるので

6歳臼歯といいます。

第一大臼歯です。

 

この歯がとても大切な役割をします。

まず、かむ力が一番強く、

食べ物をかみ砕く大切な歯で、

正しい歯並びを決定づけるとても重要な歯です。

 

とても大事にしないといけない歯ですが、

生え初めに気が付かない親御さんもいます。

定期健診で「えっ?大人の歯ですか?」と

びっくりされることも時々あります。

 

5~6歳のお子様の仕上げ磨きの時に

前の中央の歯から1・2・3・4・5・6番目

歯があればそれが6歳臼歯です。

生え変わることがない永久歯です。

しっかり仕上げ磨きをしてあげてください。

生えたばかりの6歳臼歯はまだ硬さが

不十分で虫歯になるリスクが高いです。

 

定期的なメンテナンスで

フッ素塗布やシーラントで

虫歯にならないように予防しましょう。

 

噛む力が一番強い6歳臼歯!

成人男性で平均60キログラムといわれています。

この歯が虫歯や歯周病でなくなると

咀嚼効率が6割減少するそうです。

6歳臼歯を80歳くらいまでしっかりと残せたら

何でも食べられて

元気のいいおじいちゃん、おばあちゃんになれそうです(笑)

戻る

PAGETOP