福岡・桂川の歯医者「桂川歯科医院」の「一般歯科」のページです。

MENU

一般歯科 一般歯科

むし歯・歯周病は早めの治療を
~一般歯科~

多くの方が悩まれているお口の病気には、むし歯と歯周病があります。
どちらも初期に自覚症状が出にくいため、気づかないうちにどんどん進行してしまうのが特徴です。
また「歯が痛い」「冷たいものがしみる」「歯ぐきが腫れている」などの症状に気づきながらも、
つい歯医者に行くのを後回しにしてしまう……という方も少なくありません。

しかしむし歯も歯周病も決して自然治癒しない病気であり、放置すればどんどん悪化して最後には歯を失ってしまいます。
福岡・桂川の歯医者「桂川歯科医院」の一般歯科では、むし歯・歯周病の治療を行っています。
少しでも異変に気づいたら、お早めにご相談ください。

一般歯科とは

一般歯科とは、お口の病気として身近なむし歯や歯周病の治療を行う診療科です。矯正歯科や審美歯科、予防歯科などと区別して「一般歯科」と呼んでおり、当院でももっとも多くの方が受診されています。

放置すればどんどん進行してしまうむし歯・歯周病は、早期発見・早期治療が大切な病気です。早期治療が可能になれば、歯や歯ぐきのダメージを軽減することができ、治療時の痛みも少なくてすみます。ご自身のために、早めの受診をおすすめします。

むし歯の進行段階と治療法

進行段階
CO ごく初期のむし歯
症状
歯の表面を覆っているエナメル質がわずかに溶け始め、白濁します。まだ痛みなどの自覚症状はありません。
治療法
この段階であれば、適切なブラッシングやフッ素塗布で治癒が期待できます。
進行段階
C1 エナメル質のむし歯
症状
エナメル質がさらに溶け、黒ずみます。冷たいものがしみることがありますが、まだ自覚症状に乏しい段階です。
治療法
むし歯菌に冒された歯質を削り取り、レジン(歯科用プラスチック)で補います。
進行段階
C2 象牙質のむし歯
症状
エナメル質の内側にある象牙質まで溶解が進んでいます。甘いものもしみるようになり、何もしなくても痛むことがあります。
治療法
むし歯菌に冒された歯質を削り取り、詰め物で補います。
進行段階
C3 神経に達したむし歯
症状
歯の奥にある神経までむし歯が進行しています。何もしなくても常にズキズキと激しく痛みます。
治療法
むし歯菌に冒されて死んでしまった神経・血管を取り除く根管(こんかん)治療を行い、被せ物を装着します。
進行段階
C4 歯根に達したむし歯
症状
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根だけになった状態です。神経が死んで一時的に痛みがなくなりますが、歯根の先に膿が溜まると再び激しく痛みます。
治療法
ここまで悪化したむし歯は、抜歯するしかありません。抜歯後には、入れ歯やインプラントで機能を回復させます。

一般歯科診療メニュー

  • むし歯治療

    むし歯は一度治療をしても再発しやすいという特徴があり、治療をくり返して歯を削り続ければ、最後には失ってしまいます。再発を防ぐには、初回の治療をいかに精密に行えるかも重要なポイントです。当院では正確なむし歯治療に努めるのはもちろん、できるだけ歯を削らない治療法を選択します。

  • 歯周病治療

    歯周病は日本人の成人の80%が、かかっている、もしくは予備軍であるといわれるほど蔓延しており、「日本の国民病」ともいわれています。そして、日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病です。大切な歯を守るには、できるだけ早い治療で進行を食い止めることが必要です。早めの受診を心がけましょう。

全身の健康維持のためにもお口のケアを

「お口は健康の入り口」といわれていること、ご存じですか? 食べ物を咬み砕いて栄養分を身体に送るお口が健康でないと、全身の健康も維持することはできません。また銀歯が目立ったり歯を失ったりすると口元の見た目が気になり、心まで元気がなくなってしまいます。

むし歯・歯周病が悪化すれば大切な歯を失ってしまうだけでなく、糖尿病や心臓疾患、肺炎、早産・低体重児出産など全身疾患にもつながることがわかっています。お口の、そして全身の健康のために、早期の対応でこれらのリスクを排除しましょう。

PAGETOP