福岡・桂川の歯医者「桂川歯科医院」の「お知らせ」のページです。

MENU

お知らせ

院長の舟木です。

 

今日(3/31)、地元の公園に桜の写真を撮りに行きました。

数年前から各々スタッフがこの季節に桜の写真を撮って、

それを待合室に掲示し、

患者さんにお気に入りの写真を評価してもらう

写真コンテストを実施しています。

今年は暖冬だったこともあり、

桜の満開も早く、今日を逃したら撮り損なうと思い撮りに行った次第です。

 

私の家は秋月のふもとにあり、

今日は朝から家の前の道路は、

秋月に向かう車が多く見られました。

話は変わりますが、

桜にまつわる歌を調べてみました。

その中で気に入った歌が、

「世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけらからまし」

(訳) 世の中に桜と云うものがなかったら、春になっても、咲くのをまちどおしかったり、

    散るのを惜しんだりすることもなく、のんびりした気持ちでいられたろうに

 

 この歌の反歌が

 「散ればこそ いとど桜はめでたけれ 憂き世になにか久しかるべき]

  (訳)  桜は惜しまれて散るからこそ素晴らしいのです。この世に永遠なるものは何もないのだから

    

 こういう歌を読むと日本人の感性、

情緒はすごいとただ感心するばかりです。

 

 小学校で英語の授業が必須になるそうですが、

それよりももっと国語力を鍛える方がどんなに大事か

 考えさせられます。

 

 4月の中旬頃までには、待合室に掲示すると思いますので、

ぜひ投票をお願いします.

 

 一等賞に投票された方には、

抽選で素敵なプレゼントがあります。

戻る

PAGETOP