福岡・桂川の歯医者「桂川歯科医院」の「お知らせ」のページです。

MENU

お知らせ

こんにちは歯科衛生士の石坂です。

 

パートⅠでは乳歯が62歳の今でも残っている兄の話、

パートⅡでは乳歯が高校生まで残っていた長男の話、

それに続きパートⅢでは

次男のことについて話をします。

 

以前、次男の矯正について

ブログに書きましたが、

今回は矯正前の歯並びのことについてです。

 

次男が乳歯の頃は反対咬合でしたが

それほどひどいものではないと思い、

乳歯検診で教えて頂いた

アイスの棒を使った方法で

治るだろうと

簡単に思っていました。

 

4人兄弟の3番目で虫歯もなく、

歯医者に行くことも

あまりありませんでした。

 

しかし、永久歯が生えるときに、

乳歯を抜歯しなくてはならず、

歯医者にいきました。

 

その抜歯が時間がかかってしまい

しかも抜けず、

根っ子が残ったままになってしまいました。

それは17歳まで残りました。

 

そんなこともあり、私にお口の中を見せなくなりました。

 

その後の学校の検診では虫歯はなく、

歯列不正と書かれた用紙をもらいましたが、

そのままにしていました。

これがいけなかったと、

今は後悔しています。

 

お恥ずかしい話ですがその当時、私は

衛生士=アシスタントくらいにしか

思っていませんでした。

 

実際、私が勤めた医院でも

(新卒当時)

アシスタント業務しか

させてもらえず、

半年ぐらいでやめてしまいました。

 

息子は以前のブログに書きましたが、

社会人になって当院で

矯正治療をうけ、

いまは綺麗な歯並びになりました。

 

現在、3ヶ月おきにメインテナンスをしています。

 

歯医者は虫歯を治すだけの

ところだけではありません。

当院は定期検診をおすすめしています。

 

私は信頼出来て、

何でも話せる歯医者さんに出会えることも

定期検診を続けられる理由の一つだと思います。

 

 

戻る

PAGETOP