福岡・桂川の歯医者「桂川歯科医院」の「お知らせ」のページです。

MENU

お知らせ

こんにちは、歯科衛生士の石坂です。

 

前回に引き続き、定期検診の大切さを書きます。

 

パートⅠでは、

私の兄が今でも乳歯が残っていることを書きました。

今回は私の息子のことを書きます。

 

小さい頃は私もしっかり仕上げ磨きをして、

虫歯が無いのかチェックしていましたが、

男の子や四人兄弟の一番上ということと、

反抗期も続き口の中を見なくなりました。

 

その頃私は歯科衛生士をしていなくて、

定期健診もしていなかったです。

 

息子が高2の時、学校から連絡があり、

「友達とふざけて暴れていたら、

歯が抜けて出血しています。

すぐに病院に連れて行ってください。

前歯じゃなくて奥歯なんです。」

と言われました。

 

大人の歯が抜けるくらい暴れたのかと、

本人はケロッとしているとのことで、

帰るのを待って口の中を見ると、

なんと乳歯が抜けていました。

 

というか、

まだ乳歯があったのかとびっくりしました。

 

兄がちゃんと抜けていなかったので、

「永久歯が出るところが無くて、

奥の歯が一本ずれて生えていました。

定期検診に行っていたら、

親に口腔内を見せなくても歯科では見せて、

乳歯が残っていたら抜いていたのに…」と。

こんなことがあり、

つくづく定期検診の大切さを実感しました。

 

皆さん、歯科医院は

生まれて亡くなるまでお世話になる病院です。

虫歯治療だけでなく、

色んな相談にも乗ってくれます。

お口に関することなどあれば、

どんどん質問してください。

検診にも来て下さいね。

 

私の家族の乳歯事件のようなことがないように…

戻る

PAGETOP