福岡・桂川の歯医者「桂川歯科医院」の「お知らせ」のページです。

MENU

お知らせ

院長の舟木です。

 

今でも時々患者様から、

「歯磨きのタイミングは食後30分間は避けた方がいいの?」

と質問されることがあります。

 

答えからいいますと

その必要性はないと思います。

 

テレビやインターネットの情報で

「食後はプラークが酸性状態になっているから、

食後すぐ歯を磨くと歯が削れてしまう」

とういうのが

その根拠になっているようです。

 

しかし、この話題になっている元々の理由は、

「酸性食品」の摂取後に歯磨きをすると

歯がすり減ってしまい「酸蝕症」の危険性が

高まる可能性があるというのが本当です。

 

それがいつのまにか

「酸性食品」が「食事」にすり替わっているのです。

 

酸性の食べ物や飲み物をとったら、

すぐにお水などでうがいをして、

お口の酸性度を緩和するようにしましょう。

 

虫歯予防のためには、

「食後すぐ歯を磨く」方法がおすすめです。

 

その際、フッ素入りの歯磨き剤を忘れず使いましょう。

 

 

戻る

PAGETOP