福岡・桂川の歯医者「桂川歯科医院」の「お知らせ」のページです。

MENU

お知らせ

院長の舟木です。

 

ここ最近はテレビも新聞でも

新型コロナウィルスの報道ばっかりで、

憂鬱な気持ちになりがちです。

 

しかし、人間の英知で必ずや

克服すると信じています。

新型コロナで死亡した人の大半が

高齢者や持病を持つ人です。

やはり感染に対する抵抗力が弱い人が

そうなる確率が高いと思われます。

新型コロナもインフルエンザと同じ

予防が大事と言われています。

インフルエンザの予防には歯磨き、

口腔ケアが重要と言われています。

 

鼻や喉などの粘膜に付着し、

細胞内に侵入したインフルエンザは

タンパクを溶かす酵素ノイラミダーゼを産生します。

この酵素でインフルエンザは細胞外に放出され、

増殖、感染を拡大します。

 

歯磨き、口腔ケアが不十分だと

プラーク(細菌の塊)が蓄積していきます。

プラーク中の細菌がプロテアーゼと言われる酵素を出して、

インフルエンザが粘膜から細胞に侵入するのを

容易にします。

 

実際、歯科衛生士による口腔エアを

受けた人のインフルエンザの発症率が、

本人、介護者だけの口腔ケアを受けた人の

10分の1になったという報告もあります。

 

手洗い、うがいも大事ですが、

歯磨きも今まで以上に頑張っていきましょう。

戻る

PAGETOP