福岡・桂川の歯医者「桂川歯科医院」の「お知らせ」のページです。

MENU

お知らせ

院長の舟木です。

 

昨年になりましたが、2年前から私が学校歯科医をしている

中学校で講話をしました。

その年の4月にその学校の歯科検診に行きましたが、

虫歯は結構少なくなっているにも関わらず、

歯肉炎の生徒が半数以上いました。

これはこの地域に特有ではなく、

全国的な傾向だそうです。

歯肉炎は歯周病の始まりで、

まだ歯を支える歯槽骨には病気は波及していませんが、

そのままにしておくと進行する可能性があります。 

虫歯と違って初期の頃は自覚症状があまり出ず、

重度になってから気づくため、

サイレントディジーズ(静かなる病気)とも呼ばれています。

 

今回、その学校の養護の先生に頼んで時間を作ってもらい、

1年生約40名に歯周病の原因、症状、

その対策(ブラッシング)について話しをしました。

 

私の話が一方通行にならないよう、

話しの途中で生徒達に質問を投げかけました。

 

私の質問に対して生徒達が真剣に答えてくれ、

また生徒達からも質問があり、

あっと言う間に時間が過ぎてしまいました。

そのため、ブラッシング指導をする時間が

あまり取れず生徒達に申し訳なかったです。

 

後で養護の先生と話をして、

次回はブラッシングを重点にやっていくことになりました。

 

ブラッシングは自分で自分の歯を守る第一選択肢ですから、

もっと分かり易い話をしていこうと思いました。

 

 

戻る

PAGETOP