福岡・桂川の歯医者「桂川歯科医院」の「お知らせ」のページです。

MENU

お知らせ

こんにちは。歯科衛生士の古田です。

先日、福岡県歯科医師会館で研修会がありました。

 

テーマは、

『知っていますか?口腔機能低下症』

というもので、

歯科医師、言語聴覚士、歯科衛生士の3人による、

口腔機能低下症の評価、機能訓練、実習がありました。

 

突然ですが、

男性と女性の平均寿命は何歳だと思いますか?

答えは男性約79歳、女性は約86歳だそうです!!

では、亡くなる直前まで健康なお年寄りばかりだと思いますか?

そうではないですよね!

高齢になるにつれて不健康である期間が統計で男性が9年間、

女性では12年間あるそうです。

この不健康な期間を減らし健康寿命を延ばしたい・・・

というお話でした。

 

まず、健康寿命を延ばすにはどうしたらいいか。

フレイルという言葉を聞いたことがあると思います。

体重減少や筋力低下、気力の低下(虚弱の状態)のことで、

早めに気づきこの時点で介入すれば、

要介護状態になる高齢者が減少します。

口に関してはオーラルフレイルといいます。

むせやすい、口が乾くなど色々ありますが、

ここでも早期発見が必要です。

私たちがやることは口腔機能低下を予防していくことであり、

そのためには診断をしなければいけません。

主に、

・口腔内の清掃状態口腔乾燥

・咬合力低下

・咀嚼機能低下

などを調べ、診断します。

 

口腔機能低下を予防するためには、

機能訓練というものがあります。

機能訓練は言語聴覚士の先生から指導してもらいました。

一緒に動画を見ながらできたので、

わかりやすかったです!

 

午後からは診断のための実習をしました。

「規格性のあるガーゼを2分間咬んで、唾液の量を調べる」

という簡単なことをしましたが、

口の中が結構モサモサして苦痛でした()

でも最新の器械を初めて体験するものもあり、

貴重な経験になりました。

 

これからの私たちの役目は

「歯周病やむしばのことだけでなく、

歯科医院でオーラルフレイルの患者を早めに見つけ、

口腔機能低下の予防をし、

健康寿命を延ばすことに取り組まないといけない」

と感じた一日でした。

戻る

PAGETOP